リスクもある移店

現状のお給料やお店との関係、他のキャストとの関係などにちょっとでも不満があるなら、移店を考えてみるのもいいでしょう。
そうすれば、問題を解決できるかもしれません。
でも、移店にはちょっとしたリスクもあることを頭に入れた上で検討してください。

自分を指名し続けてくれたお客さんが、移店先のお店にわざわざ足を運んでくれるとは限りませんよね。
お店を移ったことでお客さんが離れて、また一から指名を獲得していかなくちゃいけなくなる可能性も出てきます。

お給料アップを狙って高級店なんかに移店した場合、ライバルもたくさんいて女の子のレベルも高いから、なかなか売上が上がらなくてお給料も逆に下がっちゃうみたいなリスクもあります。
新しいお店に必ず馴染めるとも限らないし、新たな面倒な人間関係が出てくるリスクがあることも知っておきましょう。

お店をやめる時には早めに伝える

もしリスクを承知した上で、それでも移店するなら、早めにお店の人に伝えてください。

理由はトラブルを避けるためです。
急に辞めるとお店も困るし、業界内で悪い噂が広まって、次のお店でも働きづらくなるかもしれません。
そんなトラブルを防ぐためには、お店にちゃんと相談して話し合いをした上で移店を許してもらうこと。

話しにくいことかもしれないけど、ここを適当にやっちゃうと絶対に損をしてしまうので、少なくとも、辞める1ヶ月前くらいにはスタッフに相談するようにしてください。

系列に行くのが基本

大阪にはたくさんキャバクラがありますけど、業界内は意外と狭いもので、横同士の繋がりがあったりします。
移店するなら、まずは系列店に行くことを検討しましょう。

これも余計なトラブルを回避するためのもの。
お店を辞めると伝えても、系列店なら許してもらえる可能性が出てきます。
たとえ指名客を引き連れて行ったとしても、系列店なら運営元が同じだからです。店長としてはダメージが大きいかもしれないですけどね。

同じ系列店だと、移店しても意味がないんじゃないの?って思うかもしれないけど、そんなことはないですよ。
お店ごとに雰囲気や料金設定などを変えるのが普通だから、時給アップも狙えるし、より自分にぴったりな働き方ができるお店も探せるはずです。

系列に行かない場合は絶対に秘密に

もし今のお店の系列に行かないなら、具体的なことは話さずに辞めるようにしましょう。

移店するお店は言っちゃダメだし、今のお店に不満とかを行って辞めるのも絶対にNG。
思い切って「お昼のお仕事に転職しようと思ってます」とか、キャバ嬢を辞めることを装った方がいいかもしれません。
これなら無理に止められることもないですから。

お店のスタッフに言わないことはもちろんだけど、同じ職場のキャストとかにも言わない方がいいですよ。
どこから話が漏れるかわかりません。
系列店以外のお店に行くなら、自分だけの秘密にしたままお店を辞めて移店してくださいね。

カテゴリー: 大阪キャバ嬢の移店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です